印傳屋

印傳屋心斎橋店 印傳の更紗フェア18’:印傳屋印傳屋心斎橋店 印傳の更紗フェア18’:印傳屋

華やかな更紗の技から生み出される
印伝のさまざまな表情をご覧ください。
714(Sat) 729(Sun)

フェア概要

Overview

この夏限りの特別な色で仕上げた更紗「花鳥文」

「更紗(さらさ)」とは十六世紀の南蛮貿易によってもたされた木綿の模様染めのこと。
異国情緒あふれる色使いで描かれた物語・人物・鳥獣・草花などの模様の数々は、大名や茶人をはじめとした富裕層に珍重され着物や風呂敷、そして印伝にも取り入れられました。
このたび印傳屋心斎橋店では、2015年に復元し好評頂いた更紗「花鳥文」を、装いを新たに黒革に「銀・紫・青・赤・緑」の五色で描き、期間限定の特別な印伝として店舗とインターネットにて販売いたします。どうぞこの機会にご来店、ご利用をいただけますことをお待ちしております。

花鳥文

模様紹介

Pattern introduction

いにしえより人々は
身近な草花や鳥に心を寄せ、
その美を描いてきました。

唐の時代(中国)に発祥し、室町時代に伝来した画題「花鳥」は、日本人の自然美感を映すテーマとして取り入れられ練磨と洗練のうち、さまざまな様式美が生まれました。印傳屋には、多色技法の更紗「花鳥文」として伝承され現代美の風を吹き込みながら磨き続けています。

束入
Item 01Long Wallet

更紗「花鳥文」束入

多くのお客様にご支持をいただいているファスナータイプの束入を、年代問わず愛される花鳥文の柄でお作りしました。

合切袋
Item 02Drawstring bag

更紗「花鳥文」合切袋

華やかで上品な花鳥文が施された合切袋には、身の回りの携帯品一切を入れて持ち歩くことができます。

更紗技法

Sarasa technique
多色の鮮やかさが冴える印伝の更紗技法
*印傳博物館に収蔵されている伝統的な「花鳥文」
名前の由来は、印度伝来の
更紗模様に似ていることから。

一色ごとに型紙を変えて、色を重ねていくことで、鮮やかな色彩の調和が生まれます。均等に色をのせるには、高度な技術と手間を要します。
型紙と染料を使う様式は明治時代に確立しました。それまでの染革技法に替わりより繊細で華やかな模様の数々が誕生しています。印傳博物館には更紗模様の図案が数百点収蔵されており、日本の革工芸を伝える資料として定期的に復元が行われております。

本商品は2018年7月14日(土)~7月29日(日)の期間限定で本フェアサイトおよび印傳屋心斎橋店において販売いたします。*7月6日(金)よりご予約が可能です。
商品は7月14日(土)より随時発送いたします。
(通常は、ご注文受付確認後2-3営業日以内に商品を発送いたします。)
「限定商品」は販売価格とは別に配送料がかかります。代引き手数料は無料です。
お支払いは、クロネコヤマト代金引換・銀行振込のみとさせていただきます。
代金引換:商品のお届けの際に配達員に代金をお支払いください。
     *代引き手数料432円は無料とさせていただきます。
銀行振込:7日以内に指定の銀行口座へお振込みください。
     (振込手数料はお客様負担となります。)
     *ご入金確認後に商品を発送いたします。
初期不良などご利用規約(第13条)に該当する場合は、商品到着後7日以内は返品をお受けいたします。同額商品への交換はお受けいたしかねます。初期不良などの場合の返品送料は当社が負担いたします。お客さま都合の場合の返品送料はお客さま負担にてお願いいたします。
印伝は、すべて職人の手作りで造られています。そのため大量生産ができず、ご注文いただいた際に品切れをしている場合がございます。
期間中に品切れの際は予約販売とさせていただきます。お渡しまでの参考目安として、2ヶ月程度の期間を頂いております。期間を過ぎての追加等のご注文はいただけません。
そのほかの詳細につきましては、ご利用規約をご覧ください。
心斎橋店の更紗フェアについて、詳しくはこちらをご覧ください。
お問合せ先

印傳屋心斎橋店 06-6243-5800
AM10:00~PM6:00
年中無休(年末年始を除く)