印伝を知る

甲州印伝とは

甲州(山梨県)で400年以上にわたり伝承される、鹿革に漆で模様付けした伝統工芸品。印傳屋は天正十年(1582年)に創業、江戸時代には遠祖上原勇七が独自の技法を考案。以来、代々の家長・上原勇七のみに口伝で伝承されてきました。 自然がもつ力や美しさを身近に感じていたい日本人のこころは、今も昔も変わることはありません。印傳屋は伝承の技と自然に心を寄せる感性を胸に、人々の心に伝わるものをつくり続けていきます。 -経済産業大臣指定 伝統的工芸品-

歴史

名の由来はインド

南蛮貿易が盛んな17世紀、東インド会社より輸入されたインド産の装飾革に「応帝亜(インデヤ)革」と呼ばれた革があり、印度伝来を略して印伝となったと伝えられています。

甲州印伝のはじまり

江戸時代に入ると、遠祖上原勇七が鹿革に漆で模様付けする独自の技法を創案。ここに甲州印伝がはじまったといわれています。この技法により作られた巾着、莨入れなどは、上層階級や粋人たちに愛用されました。
左: 巾着 右: 莨入れ

家伝の秘宝

江戸後期に数軒あったといわれる印伝細工所のうち、時の流れのなかで、印傳屋だけが唯一残りました。その理由は技の継承を代々の家長「勇七」のみに口伝されたことによります。家伝の秘法は、現在では印伝技法の普及のため、広く公開されています。

伝統と革新

1987年、甲州印伝は経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定。印傳屋は伝統美を受け継ぎながら、ラグジュアリーブランドやアーティストとコラボレーションするなど、つねに革新的なものづくりに意欲的に取り組んでいます。

漆付け

染めあげた鹿革に手彫りの型紙を置き、そこに漆を刷り込む印伝の代表的な技法。独自の美しさと風合いを実現したこの技法こそ、印伝の魅力を育んできた家伝の技です。

燻べ

「日本人は藁の煙だけを用いて巧みに着色する」。信長に謁見したことでも知られる宣教師ルイス・フロイスが著書で驚嘆を記した印伝のルーツとされる燻べ技法。鹿革をタイコ(筒)に貼り、藁を焚いていぶした後、松脂でいぶして自然な色に仕上げます。

更紗

名の由来は印度伝来の更紗模様に似ていることから。一色ごとに型紙を変えて、色を重ねていくことで、鮮やかな色彩の調和が生まれます。均等に色をのせるには、高度な技術と手間を要します。

素材

語源は「潤う」「麗し」によるといわれ、時がたつほど独特の光沢を放ちます。西洋ではジャパン(japan)と呼ばれ、日本の美を象徴する素材で、古来から様々な工芸に使用されてきました。

鹿革

軽く丈夫で柔らかなその感触は人肌に最も近いといわれ、使い込むほど手になじみ、自然の感触をいつまでも楽しむことができます。野生の鹿の革は角ズレなどによるキズがあり、自然の模様として活かされます。

Close