印傳屋 / INDEN-YA

印傳博物館20周年記念「矢印」模様新アイテム登場(3月20日発売)

印傳博物館20周年を記念した印伝、「矢印」模様3アイテムを3月20日(祝・金)より、印傳屋全店で発売します。

印傳博物館20「矢印」模様シリーズについて

印傳屋の工場が甲府市中央の八日町にあった昭和30年代。その頃に使われていた型紙を復刻し、記念商品が生まれました。
白と黒の更紗模様で描かれる矢印は、進むべき方向を指し示すかのようなエネルギーを感じさせます。


アイテム一覧

2019年10月に登場した博物館20「矢印」模様の5アイテムに加え、2020年3月20日(祝・金)より新たに3アイテムが加わります。

名刺入NEW
名刺ポケット1、ポケット2
脇にマチ付き
7 × 11 × 1.3cm
税込8,580円(本体価格7.800円)

No.6ポーチNEW
外側にファスナーポケット1、内側にカードポケット3とファスナーポケット1
11 × 19 × 2.1cm
税込13,750円(本体価格12,500円)

スマホポシェットNEW
・内側カードポケット2
・前胴にオープンポケット1
・口前はファスナー
18.5 × 11 × 2cm
税込18,150円(本体価格16,500円)

小銭入11
・口前はL字ファスナー式
・内側にカードポケット1、中仕切りポケット1
9.5 × 10.5 × 1cm
税込9,350円(本体価格8,500円)

札入J
・札入ポケット2、カードポケット4、ポケット3
・内側の小銭入はホック式で中仕切り付き
9.7 × 11.5 × 3cm
税込17,050円(本体価格15,500円)

束入F
・札入ポケット2、カードポケット12
・中仕切りはファスナー式の小銭入になっています
・口前のファスナーはラウンド式
10 × 19 × 2cm
税込31,350円(本体価格28,500円)

合切袋大マチ付
・内側にファスナーポケット1
底マチ付
26.5 × 19 × 5cm
税込28,050円(本体価格25,500円)

No.3ポーチ
・内側にポケット1
10.5 × 21 × 5.5cm
税込15,400円(本体価格14,000円)


印傳博物館 図版目録

収蔵品の中の代表資料を掲載している図版目録です。印伝や鹿革工芸の歴史、印伝がつくられる工程などもわかる内容となっています。

■印傳屋直営店4店舗にて販売中
全90頁/税込1,980円(本体価格1,800円+税)


印傳博物館とは

印傳博物館は、印傳作品・鹿革工芸品・漆工芸品を中心に約1,500点を収蔵し、テーマに合わせた展示を行っております。
日本の革工芸文化を公開し、後世への技術の研究・普及を目的としています。
1999年10月に開館した印傳博物館は、昨年20周年を迎え2020年10月11日(日)まで「開館20周年記念展」と題し特別展を開催しています。

■開館20周年記念展Ⅱ―印傳の模様・吉祥への願い―
日程:2020年2月22日(土)~6月21日(日)

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、博物館は当面の間、休館となっております。ご了承ください。

▶印傳博物館公式サイト