印傳屋 / INDEN-YA

【PICKUP】お財布の“使いはじめ”を特別な日に。-印伝の財布特集-

お財布の使いはじめに“ぴったり”な吉日。

暮らしの中で時折巡ってくる“吉日”。
日本では古くから、結婚式の日どりや、家を建て始める時に「お日柄」を選んだりと、何かを“始める”のに良き日として親しまれてきました。

今年は、十二年に一度巡ってくる寅年で、“寅の日”・“一粒万倍日”・“天赦日” が重なる3月26日(土)は、「お財布」の使いはじめに最高の吉日と言われており、その日に、お財布を“おろす(使いはじめる)”事を意識され選ばれる方が増えています。
吉日が、良き結果と繋がっている根拠はないそうですが“ちょっと気持ちが晴れやかになる日”に、これからしばらく一緒に過ごすお財布を選んだり、買い替えるタイミングとしてお愉しみください。


縁起の良いとされる日

虎が一日で千里もの道を往復する云われから、暦の干支のひとつである寅の日は旅立ちによい日、縁起を担ぐにはよい日とされています。

わずか一粒の籾が何万倍にも実る稲穂になるという吉日。農家は種まきを始める、商家は開店するなど事始めに縁起がよいとされてきました。

天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、暦の上で何事もうまくいくとされる最上の吉日。物事を始めるには最適の日といわれています。


おすすめのお財布


束入F [たかね-富士山-]
価格:28,050円 (税込)
▶カタログページ(こちら


NY 束入A (G) [七宝]
価格:30,800円 (税込)
▶カタログページ(こちら


束入S [菱菊]
価格:23,100円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入Q[なごみ-とんぼ(二色)-]
価格:28,600円 (税込)
▶カタログページ(こちら


束入C[亀甲]
価格:15,950円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入Y [いにしえ -市松-]
価格:37,400円 (税込)
▶カタログページ(こちら


束入M[庵-瓢箪(二色)-]
価格:25,850円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入L [そよか-七宝繋ぎ-]
価格:9,680円 (税込)
▶カタログページ(こちら


束入K [葡萄]
価格:20,900円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入I[青海波]
価格:18,700円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入A[輪繋ぎ]
価格:14,850円(税込)
▶カタログページ(こちら


束入F[とんぼ]
価格:24,200円(税込)
▶カタログページ(こちら

“お財布は使い始める前にお金を入れて寝かせておくと吉”、“お財布を購入した日よりも、使い始めの日が大切”など、お財布を使い始めるまでの諸説や、使いはじめは普段よりちょっと多めにお札を入れておくと、お財布がお金を覚えていつも留めておいてくれると言った、みなさんそれぞれのルーティーンやゲン担ぎをされているようです。
もちろん、どれが正しい・裏付けがある、という事ではありませんが、長らくご愛用いただく財布の“使いはじめの日”がより特別な一日としてお愉しみいただければ幸いです。

※印傳屋直営店では、現在3月26日(土)へ向けて、各種財布を揃えておりますが、在庫取り寄せが必要な色柄は、26日までにお手元にお届けできない場合もございますので、お財布のご購入を検討されているお客様は、ぜひお早めにご相談ください。


直営店では、ホームページやカタログに掲載しきれないほどの豊富な種類・色柄を取り揃えております。
模様の由来はもちろん、贈るお相手とのエピソードや間柄を伺ったうえで、おすすめの商品や模様をご紹介いたします。
また、ご来店いただく事が難しい方でもスタッフがお電話でお伺いし、お送りさせていただきます。

ギフト包装・熨斗(のし)など、ご希望に合わせたラッピングもご指定いただけます。


▶甲府本店(こちら)TEL:055-233-1100
▶青山店(こちら)TEL:03-3479-3200
▶心斎橋店(こちら)TEL:06-6243-5800
▶名古屋御園店(こちら)TEL:052-265-6633

【お取り寄せサービス】
商品のお取り寄せ・全国への配送を承ります。最寄りの店舗までお気軽にお問い合せ下さい。
1回のご注文につき22,000円(税込)以上のお買い上げで配送料が無料になります。