印傳屋 / INDEN-YA

めでたさ煌めく
「向鶴」の更紗。
-2021年「印伝の更紗」フェア開催-
7/17sat ~ 8/1sun

鶴は千年の長寿の瑞鳥。平安時代より吉祥文様に用いられ、時代を越えて様々なかたちが生み出されてきました。
「向鶴(むかいづる)」もそのひとつ。
二羽はつがいといわれ、その仲睦まじい姿から夫婦円満と長寿の意をあわせ持つ、たいへんおめでたい意匠とされています。

このたび「印伝の更紗フェア」の限定商品として、印傳屋に伝わる「向鶴」を復刻。 多色のうち、パールの煌めきを放つ水色を用いて、これまでにない「向鶴」を作り上げました。 数量限定の特別な印伝、この機会にぜひご覧ください。

「向鶴」の更紗 商品一覧

合切袋大マチ付[向鶴]
(26.5×19×5cm)
28,050円(税込)
束入F[向鶴]
(10×19×2cm)
30,800円(税込)

お求めお問合せ

甲府本店・青山店・心斎橋店・名古屋御園店
営業時間:午前10時~午後6時まで 年中無休(年末年始休み)

◆「向鶴」は合切袋・束入の2アイテムです。
・2021年7月17日㈯発売の数量限定商品です。
・印傳屋公式オンラインショップでもお求めいただけます。
・期間中の欠品に限り直営店にてご予約いただけます。
・自然素材を使用しており、革色や更紗の発色に差が出る場合がございますのでご了承ください。
◆全国へのご発送を承ります。
・「向鶴」のお取り寄せは、送料無料/代金引換便(クロネコヤマト)ご利用時の「代引き手数料」は無料です。

「印伝の更紗」フェア

印傳屋直営店では、「印傳の更紗フェア」を2021年7月17日(土)~8月1日(日)まで開催します。
「印伝の更紗」は、鹿革に一色ごとに型紙を変えて、色を重ね、鮮やかな色彩の調和を生み出す印傳屋独自の技法です。限定の「向鶴」ほか、色とりどりの更紗商品を豊富に取り揃えました。どうぞこの機会にご来店をお待ちしております。